HOME鍵交換をする扉の防犯対策鍵修理最新防犯錠とは

鍵で防犯対策

空き巣の手口

自家の防犯を大きく担っている鍵ですが、不正解錠や不法侵入を狙う空き巣は様々な手法を用いて鍵を破壊しようと試みます。
代表的な手口と言えば、ピッキングやドリル破壊、サムターン回しなどが挙げられます。これらは直接鍵穴に行うだけでなく、時には扉ごと破壊したり、ダメージを与えることがあります。
こうした空き巣からの恐ろしい攻撃から家の安全を守る方法として、鍵交換をすることが推奨されています。
もちろん、すべての不法解錠の方法に万能な鍵などありませんが、色々な特色をもった鍵を組み合わせることによって色々な手法で行われる犯罪手口に対抗できる強いセキュリティを築くことができます。

一番多いとされるピッキングに強い鍵と言えば、ディンプルシリンダーでしょう。
鍵違い数が何億通りもあり、プロの鍵屋でも鍵開けを行うのに苦戦するものもあると言います。

また、サムターン回しは扉のわずかなすき間からドア内側にあるツマミを回す手法ですので、防犯サムターンへ交換することにより、防ぐことが可能になります。

ドリル破壊など扉へ直接的な攻撃を行う手法は目立つためあまり取られる手口ではないかもしれませんが、まだまだなくならない手口です。
ドアガードなどを取付けて見た目から防犯対策をしていると思わせれば、扉を傷つけられることもなく対処できることでしょう。

Copyright (C) 鍵で外敵を防ぐ!All Rights Reserved.